失敗作展を終えて

Beautiful Miss-美しき失敗たち。-


昨日無事終了いたしました

『失敗作・値段は自分で決める・入場料』
それに加えて、世界の大きな社会現象(新型肺炎など)

様々なハードルを越えて沢山の方にお越しいただけた事とても嬉しく、本当に幸せ者だと思っております

と言っても
前半は普段のEXHIBITIONと比べると客足は遠のいておりましたが、終わってみれば予想をはるかに上回るお客さん、そして、値付けのマッチングが多く、沢山のご縁が生まれた事、奇跡のような出来事だと思いました

それは一朝一夕で出来る事ではなく
3年間付いてきて下さった頼もしいお客さんと、偏見なき作り手の遊び心の賜物だと思っています

どうしても不景気が続くと、用途のあるものが優先順位を占め、余白の部分のモノづくりが後回しになり世の中から少なくなっていく

どちらか片方が良ければいいという話じゃなく、バランスだと思います

余白の部分がなくなれば、世の中からユニークなものは消えてしまうんじゃ無いか
その余白の部分から、実は世の中が変わるような革新的なものが生まれるんじゃ無いか
僕はそう考えています

今回作家が作品として価値を付けれなかった物

その中から、価値と価値のご縁があり奇跡が起きた作品が多く生まれました

このような機会が無ければ
ただただ、陽の目を見ずに
世に出なかった物ばかりです

物の価値というのはとても曖昧で紙一重です

今回、価値を悩み、手にしてくださった数々の作品は、他で手にしたものとは全く違う特別な存在になったことと思います

『生活に決して必要では無いもの
それでもその人の人生で無くてはならない
かけがえの無いもの
そんな物との出会いの
きっかけになりたいと私は願っています』
うちのコンセプトが1つ具現化されたそんな幸せな展示となりました。

楽しい9日間をありがとう
是非これからも一緒に豊かな価値観作りましょう

3周年連動企画は今月まだ少し続きます。お楽しみに・・・
to be continued

Comments are closed.