RITOGLASS/入荷情報/

RITOGLASS
ガラス作品

RITOGLASS

氷や水を眺めた時
透き通るその向こうの世界と
その中の世界
時が止まったかのような静寂の中
何処か不思議な神秘の世界に入り込んだ錯覚さえ起きる
“氷”と”ガラス”は僕の中でとても似ていて
どちらもヒンヤリしていて少しシャープ
名実ともに”クール”な印象
でも、その氷のはじまりである”水”には
シャープな印象はなく丸いイメージ
木に滴る雨粒も
ガラスに落ちた雨粒も
全て角がなく丸い

この方の作品はそんな”水の粒”のような
自然でいて無理のない美しい丸みを帯びています

RITOGLASS
スニフター

///商品紹介///
//RITOGLASS//
/スニフター/

透明度が高く美しいアウトライン
曲線と直線、膨らみとくびれの
メリハリのきいた小さなフォルム
安定感も良く、美しさと使う事への安心感がガラスに溶け込んでいます

僕も個人的に使用していますが
ジンの爽やかさや、ウィスキーの芳醇な香りが、優しく、そして徐々に強くゆたかに香り立ちます

うちとしては珍しい商品紹介らしい商品紹介
“店として”と言うより”個人的に”
「最近買った私物の中でも特に良かったよ」と言う
ただのおすすめ&自慢でした

RITOGLASS
アイスコーヒーグラス

コップ類は//アイスコーヒーグラス//も入荷しています

美しいガラスの世界をお楽しみください

■永木卓

1979年  神奈川県藤沢市生まれ
2002年  東京ガラス工芸研究所総合基礎科終了
2004年  グループ展(ギャルリーパリ/関内)
2005年  第2回現代ガラス大賞展富山 入選
     NEW GLASS 掲載
2006年  New Glass Review 27(アメリカ) 入選
     多摩美術大学工芸学科ガラスプログラム卒業
     卒業制作展(スパイラル/港区青山)
2007年  〜あづみ野ガラス工房在籍
     山ぼん長ぼん工芸展( 安曇野市豊科近代美術館/安曇野市 )
2009年  個展( ギャラリー山口/京橋 )
     工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     グループ展 ART IN TAMAGAWA (世田谷区)
2010年  個展 ( No,12 gallery /代々木上原 )
     工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     グループ展( Gallery it’s /代官山 )
2011年  工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     クラフトフェアまつもと( あがたの森公園/松本 )
     AZUMINO STYLE (赤沼家・二人組工作所/安曇野)
2012年  あづみ野ガラス工房卒房
     工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     クラフトフェアまつもと( あがたの森公園/松本市 )
     〜多摩美術大学工芸学科ガラス研究室助手
     二人展 「 A short note 」( seta – shop gallery /世田谷区 )
2013年  工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     クラフトフェアまつもと( あがたの森公園/松本市 )
2014年  工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     二人展 「 陶 × ガラス展 」( ギャラリー空箱 /渋谷区恵比寿)
     クラフトフェアまつもと( あがたの森公園/松本市 )
     グループ展「チーズドーム展」〜ガラス作家たちが生活に添える物は 〜( MODESTE /東京都八王子市)
     個展 Drawings( CharanPaulin +wall/横浜市 )
2015年  工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     あづみ野ガラス工房30周年記念展展( 安曇野市豊科近代美術館/安曇野市 )
2016年  工芸の五月 みずみずしい日常( 長野県松本市 )
     クラフトフェアまつもと( あがたの森公園/松本市 )

RITOGLASS作品の通販はこちらから

https://onlineshop.chiniasitsukeru.com/items/25966611

※常設作品がご覧頂けるのは、常設展示期間のみです
常設でしかご紹介していない作品・作家もおります
企画展・EXHIBITION中はすべての常設作品と入れ替えます
詳しくは、営業スケジュールをご覧ください

営業スケジュールについて

Comments are closed.